コトブキ陶春のホームページへようこそ
→トップページへ →清水焼の歴史 →清水焼のできるまで →清水焼陶芸教室 →清水焼見学コース・コトブキ陶春のご紹介 →アクセス(電車・お車でお越しの方へ)

清水焼のできるまで
清水焼の製作工程をご説明いたします。




  1. 土もみ

土の中から空気を押し出し、全体を均一な質にするため、土を良くもみ、練ります。

  2. ろくろ成型

ろくろ成型は回転する円盤に土をのせ、遠心力により成型します。
高度な熟練が必要です。

  3. けずり仕上げ

生乾きになった生地を金属のへらで削り、全体の形を整えます。

  4. 素焼き

絵付けや施釉といった後工程に必要な固さにするために600〜800度の低温で焼きます。

  5. 下絵付け

呉須、酸化鉄などの金属および顔料を手描きします。

  6. 施釉

うわぐすり(透明釉、色釉、つやけし釉など)をかけます。
焼成によって透明に、あるいは発色したりします。

  7. 本焼

釉薬をかけたものを1200〜1300度の高温で焼き上げます。

  8. 上絵付け/上絵焼成

さらに美しさや豪華さを出すため、金・銀と銅などの酸化物で彩色。さらに低温で焼きます。

  9. 完成



電話:075-581-7195



→トップページへ →清水焼の歴史 →清水焼のできるまで →清水焼陶芸教室 →清水焼見学コース・コトブキ陶春のご紹介 →アクセス(電車・お車でお越しの方へ)
Copyright ©KOTOBUKI-POTTERY. All rights reserved.