コトブキ陶春のホームページへようこそ
→トップページへ →清水焼の歴史 →清水焼のできるまで →清水焼陶芸教室 →清水焼見学コース・コトブキ陶春のご紹介 →アクセス(電車・お車でお越しの方へ)

清水焼の歴史
清水焼の歴史についてご紹介いたします。

  1. 起源

京都における焼物の起源は、定かではありません。
5世紀前半、雄略天皇の頃、現在の宇治市、伏見区の陶工に御器を作らせていたことが記されていることから、かなり古くから始められてことは間違いありません。
その後、僧行基が詔により窯を築いたのが、現在の五条坂付近ともいわれています。
室町時代には、明から伝えられた技法により色絵陶器が誕生し、江戸時代に移るころには、茶の湯の流行を背景に東山地域を中心に茶陶が作られ、広く京焼とよばれるようになりました。


2. 名工出現

京焼の歴史初期に特筆される名工に野々村仁清がいます。もともと丹波の陶工でしたが入洛後、茶器を作り、錦手の秘法を会得します。華やかな色絵陶器は多くの窯に影響を与え、それまでの「写しもの」と呼ばれる茶器製造から多彩なデザインの「色絵もの」に京焼全体の作風を変え ました。
また、仁清から直接手ほどきを受けた尾形乾山は、画家、尾形光琳の弟であり、非装性に富んだ絵模様で、独自の意匠性を加えました。


3. 磁器の流行

江戸時代の中頃になると、中国文人画の流れをくむ南画家が数多く出たことで、色絵陶器から中国風の磁器へと主流が移ります。
名工、奥田頴川(えいせん)はその先駆者として京焼の世界に新しい波を持ち込んだだけではなく、多くの優れた弟子を育てました。
中でも、青木木米(もくべえ)は仁清、乾山と並び「京焼三名工」と讃えられています。


4. 現在に至る

明治期以降は近代的生産手法の導入とともに生産量も増大し、日本の重要な輸出品となっていきます。
また積極的に海外からの技術も導入し、新しい京焼の魅力が生まれはじめます。戦後は環境に優しい製造設備への転換などを進めてきましたが、京焼は決してそのクオリティや芸術性を失わず、多品種、少量生産を特色とする高品質の陶磁器としての伝統を守り続けてい ます。

電話:075-581-7195



→トップページへ →清水焼の歴史 →清水焼のできるまで →清水焼陶芸教室 →清水焼見学コース・コトブキ陶春のご紹介 →アクセス(電車・お車でお越しの方へ)
Copyright ©KOTOBUKI-POTTERY. All rights reserved.